株式会社エヌケー工業は塗装剥離専門の業者です。塗装用治具、塗装製品、周辺設備などの塗膜をキレイに剥がします

施工事例

粉体塗装パイプ製品

粉体塗装でのパイプ製品。カチオン電着、溶剤塗装、各種メッキ、蒸着製品、SUS、銅、真鍮、アルミ、合金 など

エルミネーター

塗装周辺設備エルミネーター。その他周辺設備、グレーチング、ファン、前処理配管、熱交換器など

溶剤塗装治具

溶剤塗装で使用した治具。その他、各種の塗装治具も対応してます。L4000×D1200×H800mmまで可能です。

用語解説

剥離(はくり)
はがれて離れること。キレイに剥離すると気持ちいい。当社は薄利でがんばります!?
治具(じぐ)
加工物を工作機械に取り付け、刃物や工具を正しい位置に導くために使う道具。元は英語のjig。ジグザグやハグとは関係ない。
溶剤塗装(ようざいとそう)
多くの物質(有機物など)を溶液にする性質を持つ物質(アルコールやガソリンなど)による塗装方法。無数の色が表現でき、信頼性と対応力も高い。液体塗装とも。
粉体塗装(ふんたいとそう)
塗膜形成成分のみで配合された粉末塗料を使用した塗装方法。塗装膜が厚い、耐食性に優れる、作業時の火災や中毒のリスクが少ないなどの特徴がある。パウダーコーティングとも。
カチオン電着塗装(かちおんでんちゃくとそう)
水溶性の塗料に塗装物を浸し、塗装物と塗料を入れた槽を両電極として電流を流し、化学反応により塗膜を形成させる塗装方法。普通の人が聞いてもチンプンカンプン。
※カチオン…プラスの電荷を帯びている陽イオンのこと。ちなみに、マイナスの電荷を帯びているのは陰イオン(アニオン)。
※電着…電気分解によって電極に生成物が付着すること。
グレーチング剥離(ぐれーちんぐはくり)
日本の道路でよく見られる側溝や排水溝の蓋として使われる、鉄などの金属をスノコ状にした建築材をグレーチングという。その剥離のこと。一般的には排水溝の蓋などといったほうがわかりやすい。
黒皮剥がし(くろかわはがし)
鋼材を高温で加工し、常温まで冷却すると、その間に酸化皮膜(黒錆)ができてしまう。それが黒い皮のように見えることから黒皮と呼ばれる。その黒皮を剥がすこと。まさに、百聞は一見に如かずであり、黒皮と言われてもピンとこないが、現物を見ると誰もが黒皮のネーミングに納得することだろう。辞書で調べても載っていない、多分。
錆落とし(さびおとし)
金属の表面が空気や水に触れて生じる酸化物などの化合物である錆を落とすこと。身から出た錆などというが、昔の人は巧いことを言うものだ。
メッキ剥がし(めっきはがし)
金や銀、ニッケルなどの薄い層を他の金属の上にかぶせることをメッキと言う。装飾や表面強化のために行う。「鍍金」とも書く。そのメッキを剥がすのがメッキ剥がし。メッキが剥げた、とは言われたくない。
脱脂(だっし)
脂肪分を取り去ること。ちなみに脱脂綿は、脱脂して消毒した医療用の綿。
Copyright © 2016 NK INDUSTRIES CO., LTD. All Rights Reserved.